After Effects で光漏れを表現するには

背景に強い光があると、手前のオブジェクトの周囲には光漏れが発生します。
光の強さに応じて光漏れを作らないと不自然になってしまいます。
たとえば・・・
背景、爆発、さらに、ごみばこのみを切り出したレイヤーを用意し、順に配置します。

image

続きを読む After Effects で光漏れを表現するには

After Effects でレイヤーを 3D として扱うには

(動作環境:Windows 7 Ultimate 64 bit + After Effects CS5 )

After Effects のコンポジションのレイヤーのimageをクリックすることで 3D レイヤーに変更します。
こうすることでそのレイヤーを 3D 空間で扱えます。
そのレイヤーを選択して「p」キーを押して Z 軸の値(3 つ目の値)を変更します。
Z 値が小さいほど手前に来ます。

image

続きを読む After Effects でレイヤーを 3D として扱うには

After Effects でグリーンバックを抜くには

(動作環境:Windows 7 + After Effects CS5 )

グリーンスクリーンやブルースクリーンを使用して撮影した映像のバックは、
After Effects では、Keylight エフェクトを使って透明にすることができます。

image

Keylight を該当レイヤーにドロップし、エフェクトコントロール画面で
Screen Color でグリーンスクリーンを選択し、グリーン部分を抜きます。

image

image

View を Status モードにして、抜け具合を確認すると
完全に抜かれる部分が黒く、残す部分が白で表示されています。

image

そのままだと、こんなかんじでムラがあるはずなので、Screen Matt の Clip Black、Clip White で
抜きたい部分が黒く、残したい部分が白くなるよう調整します。
こんなかんじで、境界線が少しグレーなのは OK。

image

これで View を Final Result に戻すと背景がきれいに抜けているのが確認できます。

image

照明やカメラが下手で余計なものや変な影が映ったりなど
映像のバックがきれいなグリーンスクリーンになっていない場合は
マスクを利用して、いらない領域をあらかじめ丸ごとカットしてしまうことで作業しやすくなります。

どうしてもエッジがきたない場合は Refine Matt (マットを調整)エフェクトを使います。
Smooth(滑らかさ)、Feather(ぼかし)、Choke(チョーク)、
Reduce Chatter(エッジのがたつきを軽減)を調整し、滑らかに見えるよう調整します。
Choke(チョーク)は滑らかになったかんじがするのでついついかけすぎてしまいがちですが、
かけすぎないよう注意しましょう。10% 以下位とか。

モーションによってぶれが発生してる場合は、
ぶれ部分をきれいに抜くのは難しいです。こうした場合は、
Decontamination (除去)の Increase Decontamination(除去する半径を増加)でちょぴっと
例えば 1 ~ 2 程度増やします。増やし過ぎると他の部分までブラ―がかかるのでこれも注意が必要です。

image

After Effects のプラグインをインストールするには

(動作確認環境:Windows 7 Ultimate 64 bit + After Effects CS5 )

exe などで提供されている、インストールタイプのプラグインは、
プラグイン付属のマニュアルを参考にインストールすればよいのですが、
インストーラーがない After Effects のプラグインは、どうインストールしたらよいのでしょうか。
After Effects のプラグインファイルは基本的には次の場所にあります。
ここに.AEX などのプラグインファイルやフォルダを配置します。

C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CS5\Support Files\Plug-ins (Windowsの場合)
Applications\Adobe After Effects CS5 (Macの場合)

そうすれば、After Effects 読み込み時にプラグインがロードされ、使えるようになります。
ロードされたプラグインは、「エフェクト&プリセット」ウィンドウに出てきます。

image