Blender の Archimeshで部屋を作るには ~その2:窓・ドアの作成~

その1で作った部屋に窓やドアを追加していく。
まず、固定窓を配置してみよう。

ビューをワイヤーフレームモードだと作業しやすいのでそうしておく。

image

Shift-A 、メッシュ、Archimesh、Panel Window で固定窓を作成。
下記のような設定にし、90 度の回転をかけ、「G」「Y」で位置を調整する。
設定内容詳細は、Blender で部屋を作るには ~その3:窓をセットする~ を参照。

image

するとこんな窓ができる。
ちなみに「上」というのは、窓の上部の形。必要に応じて、アーチ型、斜め、三角などの形にもできる。

image

次に、引き違い窓を配置する。
Shift-A 、メッシュ、Archimesh、Rail Window で引き違い窓を作成。
幅や窓枠の太さを設定する。

image

同様に配置する。

image

続いてドアも作成する。
Shift-A 、メッシュ、Archimesh、Door でドアを作成。
ドア枠を選択し、ドアのサイズや厚さ、ドアのタイプやハンドルのタイプを指定する。

image

同様に配置する。

image

ソリッドモードで表示してみる。

image

こんなかんじで、壁に重なって、窓やドアが配置されているのがわかる。
この窓やドアの位置に穴をあけていく。

image

壁を選択した状態で、「Auto Holes」を押す。

image

すると、下記の該当部分に穴が作られる。

image

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中