Blender で部屋を作るには ~その3:窓をセットする~

編集/プリファレンスのアドオンで、Archimeshを有効にする。

image

右上の3Dカーソルを選択して、窓枠を置く位置に3Dカーソルを移動させる。

オブジェクトモードで、
Shift-A、Archimesh、Rail Window(引き違い窓) または Panel Window(固定窓)で、窓が追加できる。
もし間違って、削除したい場合は左上の一覧でWindow Groupを選んで右クリック、「階層を削除」でWindow Group 全体を削除する。
image

右上で、追加された「Window Group」の中の「Window」を選択した状態で「N」を押す。
詳細の Window 設定画面が表示される。

image

下記は、Panel Window(固定窓)を追加した状態だが、各種項目を設定できる。
ドロップダウンリストで、窓全体のサイズ、ドア窓なのかなどの種類を選択した上で、

H Count:横に何枚の窓か
V Count:縦に何枚の窓か
Outer Frame:外枠のフレームの幅
Risers:窓のライザー
Innner Frame:内側のフレームの幅
上:上部がどんな形か、フラットなのか三角形なのか
フレーム:フレームの材質
各フレームのサイズ

を細かく設定できる。

image

一方、Rail Window(引き違い窓)の方は、詳細の設定画面が上の方に表示され、2枚タイプ、右開き、左開き、などや、
幅や高さ、ブラインドをつけるかなどが設定できる。

image

G-X(X軸移動)など使って、位置を微調整する。

このように、Archimesh を使うと、窓以外にも、ドア、キャビネット、棚、階段などや
本、ランプ、カーテン、ブラインドなどの小道具まで作ることができる。

image

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中